暮らしのコラム

2017/11/29

【賃貸】退去の立会いで気をつけることは?

礼金?敷金?返還される?
いざ退去立会い、何に気をつける?
トラブル防止は日頃の心がけで

 

 

礼金?敷金?返還される?

★礼金


契約の際に、大家さんに支払う、返却されない金銭ですので返却されません。

★敷金


原則返還されます。
しかし退去時に、破損箇所や汚損箇所を修繕するのに使用しますので、
あまりがあれば、残金を返却する
という形になります。

 

まずは契約書の、特に、下記の部分を読み直してみましょう。
●敷金の項目
●原状回復費用についての項目
●特約の項目
●解約の項目

精算については「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を準拠で進めるケースがほとんどです。
(ざっくりと言うと、故意過失による損害は入居者負担、それ以外の自然消耗は大家さん負担と考えます。)

 

 

いざ退去立会い、何に気をつける?

「退去立会い」とは
管理会社や大家さん、入居者で退去時の部屋の状態を確認すること。
この確認で敷金の返金額が決まります。

 

以下のことに気をつけましょう。

●きれいに清掃する。(マナーとして)
いらない家具やゴミを放置していると、処理費用がかかりその分をあとで請求されてしまうことも。

 

●必ず退去立会いする。
立会いなしの明け渡しになってしまうとトラブルのもとに。
また、一人で対応するよりも、可能なら誰かに同席してもらいましょう。

 

●入居時にチェックした写真、リスト等があれば持参する。
●退去時にも汚損、破損箇所は写真におさめる。

後で双方の意見に相違がないように、証拠を残しておきましょう。

 

●退去立会い時、納得いかない部分があればその場でサインしない。
不明な点は口頭で約束せず一筆残してもらいましょう。

 

●退去立会い後に送られてくる敷金返還金額の見積り内容に不明な点がある場合は納得のいく説明を求める。

 

●引越後も精算されるまで書類等は捨てない。
出来れば契約書のコピーをとり、その他重要な書類と一緒に捨てずに持っておいてください。
きちんとお金が振り込まれ、精算が終わるまでは、気を抜かずに。

 

 

トラブル防止は日頃の心がけで

入居中の設備等の故障は放置せずすぐに管理会社か大家さんに報告して修理してもらうようにしておきましょう。
この際、自分で勝手に修理を依頼してしまうと費用を負担して貰えないことがありますので必ず管理会社か大家さんに判断をあおぎます。

また、普段から部屋をきれいに使用していれば安心ですが、
例えば湿気の多い部屋で換気や清掃をせずに放置し、原状回復出来なくなってしまった場合は「善管注意義務」を怠ったことによる責任を負わされることになります。

立地や建物に問題があっても、管理会社や大家さんに一言連絡をしておいたほうがいいでしょう。

物を大切にするのと同様に住居も大切に使用して下さいね。

 

 

(参考リンク)
【賃貸】何をどうする?退去の手続き【賃貸】地味に困る!前の住人の郵便物が届いたら
【賃貸】内覧しないで部屋を決めたい!メリットデメリットは?【賃貸】アンペア数って変更できる?