暮らしのコラム

2017/2/17

知って得する!火災保険の解約返戻金

火災保険の支払いは月々でなく、1年分~数年分をまとめて払う事が多いため、急な引越しなどで契約していた住居を離れる場合、支払った火災保険が勿体ないと思ったことはありませんか?

ほとんどの方が、火災保険は「掛け捨て」だと思いこんでいるようで、あまり知られていないのですが、実は途中解約しても、残りの保険期間に応じた解約返戻金(へんれいきん)の払い戻しがあります。

もちろん、賃貸に限らず、購入したマンションや戸建てでも同様です。
 
 

解約返戻金(かいやくへんれいきん)って?

前述のとおり、「解約返戻金」は保険を解約した場合に、保険の契約者に払い戻されるお金のこと。

なお支払った保険料の満額が戻るわけではありません。
今まで支払ってきた保険料の合計に対する、「解約払戻金」の戻りの割合を「返戻率」と言い、
「どの保険会社で契約」するか、「保険の種類」や「保険の期間」、「経過年数」などによって、
「返戻率」が定められており、「解約払戻金」の額は異なります。

これらは「解約返戻金」の「返戻率」が高いのでお勧めです!と言ったセールストークにも使われていますので聞いたことがある方は多いかもしれませんね。

ちなみに、「解約返戻金」は「未経過保険料」「解約払戻金」とも呼ばれています。

 

ここまでですと、「返戻率」が高い方がお得と考えがちですが、「解約返戻金」をなくしたりすることで保険料を安くしている「掛け捨て型」というケースもありますので、一概に「解約返戻金」で保険の損得を判断するものではありません。
 
 

「解約返戻金」はどうやって算出するのか

保険会社ごとによって異なり、契約期間の経過年数によって、「未経過料率」という係数が変化します。
 
「解約返戻金」下記の式で算出します。

「解約返戻金」=長期一括保険料×「返戻率(未経過料率)」

 
 

火災保険の解約の流れと注意すべきこと

一般的に保険の残り期間は月単位で計算されます。
契約期間の残り日数が1ヵ月に満たない場合は、返金がありません。

 

(1)契約期間の途中で解約したい場合、自分から保険会社または代理店に連絡します。
基本的に保険会社から連絡が来ることはありません。無駄払いしないようにしましょう。

(2)電話一本での解約は出来ません。(1)の連絡後に必要な書類が届きます。
契約者本人が解約する必要がありますので、書類が届いたら署名捺印をして、
返戻金がある場合は、返金口座を記入して返送します。
なお、お引越しをする場合は、書類の送付先にも注意して下さい。

(3)解約のタイミングは書類返送後、保険会社に届いた時です。
早ければ2~3日ですが大体1週間程度で指定した口座に返金されます。
ですので、解約する場合は早めに連絡をしましょう。