暮らしのコラム

2017/2/10

北九州ロケ!映画『相棒-劇場版Ⅳ-』いよいよ11日(土)公開

今月11日(土)に全国公開がはじまる映画『相棒-劇場版Ⅳ-』。
昨年6月より北九州市内の約30箇所で撮影が行われ、はやくから話題となっていました。

実は弊社すぐそばでも撮影行われ、事前に道路封鎖等についての案内がなされていましたが、
周辺企業の皆さんは、撮影時の混乱を避けるため、映画公開まで一切の場所の明言を避けていた様子。
SNSで拡散されることもない、こういったマナーのあり方にも、北九州市での映画撮影成功の一因があるのかもしれません。

 

2月7日(火)には小倉駅でプレミアム凱旋イベントを開催

2月7日(火)には「凱旋イベント」として、
JR小倉駅の駅構内の階段に敷かれたレッドカーペットに、水谷豊さん、反町隆史さんが再び降り立ちました。

その後のトークショーでは「映画の街 北九州」のPRもあり、
集まった約4,000人のファンと素敵な時間を過ごしたようです。

4,000人というと、映画最大の見せ場であるパレードシーンのエキストラ約3,000人よりも多い数。
『相棒-劇場版Ⅳ-』のファンの熱狂ぶりが伺えます。
 
 

「映画の街・北九州市」は次世代育成ランキング5年連続1位の街


「映画の街 北九州」は、「次世代育成ランキング5年連続1位」の街でもあります。(NPO法人エガリテ大手前調べ)
平成26年の合計特殊出生率は20政令指定都市の中で1位となっており、
他の政令指定都市と比べ、安心して産み育てることの出来る環境の整備が進んでいます。

 
・小児救急医療の充実
・街中の赤ちゃんの駅
・子育て支援施設の充実
・待機児童0を達成
・1歳児5人に対し、保育士1人とする質の高いサービスの提供
・各区役所に保育サービスコンシェルジュを配置

等々…、保護者の多様なニーズに対応し、子育て中の不安の解消を手助けしてくれるのです。
 
さらに、「50歳から住みたい地方ランキング全国1位」の街でもあり、
便利な都市と自然が融合した環境、くらしに併せて整備された制度が充実
していることはもとより、

・借家家賃の安さ
・物価の安さ
・食の魅力
・水道水の安さ
・充実した医療機関
・救急医療の充実
・救急車要請後、病院到着までの時間の早さ
・災害リスクの低さ

というのも、第二の人生を検討しはじめた移住者の後押ししているようです。
 
 

観光に移住!お試し期間もある!北九州市にお越し下さい!

映画を観た後は、まずは観光!

(北九州市:観光情報サイト)
http://www.kcta.or.jp/
(北九州市公式観光サイト:ぐるリッチ!北Q州)
http://www.gururich-kitaq.com/search/category/?cat=exciting
 

そして北九州市が気に入ったら、ぜひ「移住・定住」をご検討下さい!

(北九州市:北九州市に移住・定住するための北九州市公式情報サイト「北九州ライフ」)
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/kitakyushulife/index.html
 

(関連記事)選択肢が広がるアクティブシニア向けの住まいいつがいい?購入のタイミング


(PR)アースコーポレーションの新築分譲マンション|3月末迄の期間限定・今の家賃とくらべて下さい!
【期間限定】三ヶ森&長府・新春特別キャンペーン開催中