暮らしのコラム

2018/12/20

住宅ローン減税拡充・控除期間はどうなる?

2019年の与党税制改革網がまとまり、
ニュースでも大きく取り上げられていますが、ご覧になりましたでしょうか。

 

消費税対策として住宅関連では、
消費税が引き上げられる来年10月1日から20年12月末までに入居する住宅に限り、
所得税や住民税の控除を受けられる期間が延長されます。

つまり該当する期間であれば控除期間が現在の10年から、3年延長した13年間となるのです。

当初の10年は今までと同じ仕組みですが、
11~13年目の減税額は(1)(2)の少ない方となります。

(1)年末の住宅ローン残高(最大4,000万円)×1%
(2)建物購入価格(最大4,000万円)×2%÷3

※認定長期優良住宅や低炭素住宅の場合はいずれも上限は5,000万円となります。

(参考リンク:2018年の税制改正 不動産ではどうなる?消費税10% 家を買うタイミングは?

 

 

すまい給付金の拡大や贈与税の非課税枠の拡大、住宅ポイント制度などと併せて計画的に利用すれば住まいをお得に手に入れられそうです。
ただし、購入のタイミングは人それぞれ、何に重点を置くかしっかりと考えて後悔のない選択をしたいものです。

(参考リンク:いつがいい?購入のタイミング