暮らしのコラム

2016/1/29

一番断られる営業マン

先日、ある方のブログを読ませて頂いた際に、共感した内容を今回は記載させていただきます。

 

さて、あなたはどのタイプ?

 

  • ・待っている人間は何も得ることが出来ない
  • ・希望を持っているにんげんも何も得ることが出来ない
  • ・種を植えた人間だけが果実を刈り取ることが出来る

あなたは上記の3つのタイプのどのタイプだと思いますか?

 

  • あなたは【待っているだけ】の人間ですか?
  • それとも【希望を持っている】タイプですか?
  • それとも【何か積極的に構想する】タイプですか?

 

殆どの方は、何かが起きるのを待っているタイプだと思います。
仕事の上でも、いつも出来る人間になりたいと思いつつ、何かが自分を変えてくれるだろうと思ってしまうタイプです。
また、2番目のタイプは、自己啓発の本などを読み、頭の中では考え、
自分の人生に希望は持っているが、実際の行動はあまり変わらないタイプです。
そして、ほんのわずか3番目に該当する人間が、自ら積極的に行動するタイプに入ります。
3番目のタイプの人は、もちろん自己啓発に努め、セミナー等にも参加したりしますが、
それだけじゃなく【良い】と思うことはすぐにやるタイプです。

 

やってみた結果、うまく出来なかったり、失敗することもあります。
10回行動に移して9回成果に繋がらなくても、そのうちの1回の成功につなげるきっかけを見つけます。

 

【一番断られる営業マンとは・・・】
ここでこの話が生きてきます。一番断られる営業マンとは・・・
社員にこの質問を行うと、「身だしなみが悪い」「言葉遣いがダメだ」「知識がない」等々・・・
このような回答が飛び交います。

 

種を植えても、花は咲かないかもしれません。
もしかしたら、育て方を間違えたかもしれません・・・
それを種を植えていない人から笑われます。
馬鹿だな~そんなことやっても意味ないよ。無駄な時間を使ったね。
そんなことばかりやるからダメなんだよ~。
でも、日に日にその差は大きくなります。

 

一番断られる営業マン・・・答えは・・・

 

どれだけの人と折衝し、商談したかです。

 

数字上のお話をすると・・・
成約率が10%の営業マンは、10人のお客様と折衝すれば、
1人の人と契約が出来ますが9人の人に断られます。20人折衝すれば2人と契約、18人に断られます。

  • 30人と折衝すれば?27人断り・・・
  • 40人と折衝すれば?36人断り・・・
  • 同じ成約率の営業マンA君とB君
  • A君は10人と折衝、B君は40人と折衝
  • A君は1人と契約、B君は4人と契約

 

契約率は同じでも契約本数は4倍です。
種を植えるのはあなたです。育て方を間違えることもあるかもしれません。
芽が出ないこともあるかもしれません。
9回失敗しても、1回は芽が必ず出ます。

 

(取締役副社長:山本寛之)