暮らしのコラム

2016/10/14

【賃貸】2人入居可の物件でないと同棲出来ない?!

賃貸物件のお問合せで「2人入居可の部屋でないと同棲出来ないのか?」というご質問が多くあります。
お付き合いしている方との仲が深まってくると、住まいを共にしたいな…ということもありますよね。

2人暮らしを始めるまえに、注意しておかなければならないこと、知らないとトラブルになる可能性があることをしっかりと把握しておきましょう。
 
 

2人入居が想定されていないお部屋はNG

ワンルームタイプでも2人入居可、というところはありますが、基本的に「単身用」となっている部屋での同棲はNGです。
間取りによって可能な場合とそうでない場合がありますので、契約前に相談してみましょう。

 
 

現在住んでいるお部屋で同棲したい!

原則として、入居者の変更、追加などは貸主に対して報告する義務があります。
まず、「契約書」や「重要事項説明書」をよく読んで、「2人以上入居が出来る契約」であるかどうか確認しましょう。
不可になっている場合は、そのお部屋で同棲は出来ません。

すぐに出ていってくれ!ということにはならないと思いますが、解約理由にもなります。

万が一見つかってからでは心象もよくありません。
まず貸主に相談をしてみて下さい。

 
 

会社の借り上げ物件での同棲

会社名義で借りているお部屋で同棲をしている…といったこともよくお聞きしますが、2人入居可の物件であってもおすすめ出来ません。
恐らく会社は単身者に対する手当として住居を与えているのではないでしょうか。
そういった場合、無断で同棲し家賃補助を受け取るのは「不正な補助受給」にあたります。

会社それぞれで対応は違うかと思いますが、のちのち揉める原因にもなりますので、「ばれなければいいや」という考えは止めておきましょう。
 
 

おわりに

同棲相手の方から「カギが開かない」「駐車場を変更したい」などとお問合せを頂いても、必ず契約者本人の確認が必要になります。
結婚や婚前前の場合は、トラブル防止も兼ねて双方に連帯保証人を立てて、2人の名義で借りることをおすすめします。


(その他記事)新生活をはじめよう!お役立ち全記事