暮らしのコラム

2017/1/18

【賃貸】何をどうする?退去の手続き

就職、転職、進学を控えたこの季節は、物件の情報も増える時期です。
人の移動が多いということは、かかる手続きにも時間を要するということ。
それだけに転居の際はなるべくスムーズに事を進めたいですよね。

退去が決まったら、まず何をどうすればいいのか?今回は退去の手続きについてご案内します。
 

 

退去予定日が決まったら

解約予告の方法は、電話一本でよいところもありますが、書面(退去届・解約届)で必要なところもあります。
契約書の内容を確認して頂き、まずは大家さんか管理会社にご連絡下さい。
一ヶ月前までの予告が基本となっているところが多いので、家賃を無駄に発生させたく無い場合は日付に注意しましょう。

さらに、新居と引越し業者の確保は最優先で決めておきます。
退去予定日を伝えた後に、新居が見つからなかった場合は行き場を失ってしまいますよね。

(参考記事)お部屋探しはいつから始める? | 一番に何を見る?内覧時のポイントは?
 

引越し業者は特に混み合う時期ですので、一括査定見積りサイトを使ったり、効率よく選定しましょう。

(参考記事)引越しに役立つ!スムーズな荷造りと荷解きのコツ!

 

電気・ガス・水道はいつ止める?

通常期は1週間前~2週間前の申し込みで間に合いますが、
繁忙期は引越しの日にち・転居先が決まったら、早めに申し込みましょう。

解約日までの料金の精算がありますので、損をしたくなければ忘れずに、退去日に合わせるといいでしょう。

なお、開栓についても同様に自分で手続きしないといけません。
特に立ち会いが必要な手続き(ガス)は、早めに申し込みましょう。

 
インターネットでの申し込み(北九州市):
水道:~北九州市上下水道局 水道のご使用開始・中止のお申し込みのお手続きの流れ~
電気:九州電力|お引越しやご契約の際は
ガス:西部ガス|ガスのご使用開始・停止のお申し込み

 
マンション1棟が一括受電になっているなど、問い合わせ先が異なる場合は
契約書を確認するか、管理会社に問い合わせ先を確認して下さい。

 
また、意外と知られていない事ですが、火災保険については返金制度がありますので、保険会社に解約の旨連絡しましょう。(契約期間が残り一ヶ月未満であれば返金されません。)

 

転出届や転入届、転居届はいつ出すの?

転出届は引越し日の約2週間前から受け付けていますので、3日前~2週間前に手続きをする人が多いようです。市区町村によっては1ヵ月前から受け付けているところもあります。詳しくはお住まいの市のHP等でご確認下さい。
 
転出届:引越し2週間前から受付。「転居前」の市区町村役場で提出、転出証明書を発行して貰います。
転入届:引越し後2週間以内に届け出。転出届証明書と一緒に、「転居先」の市区町村役場で提出。
転居届:引越し後2週間以内に届け出。同じ区内に転居する場合は転居届のみを提出。

 
いずれも届け出は、本人または世帯主、もしくは代理人でも可となっていますが、
引越し先の住所が決まっていないと手続きは出来ません。

北九州市ホームページ:届出・証明ガイド

 

 
なお、上記と郵便局での「転居届」は異なります。
郵便局で転送の手続き、「転居届」を提出しないと郵便物が旧住所へ送付されますので注意して下さい。

インターネットでの申し込み:日本郵便株式会社|転居・転送サービス

申込後1週間程度かかる場合がありますので、早めの申し込みが必要です。
転送は1年間有効ですので、期間中に、親戚や友人、保険会社や銀行、通販など各郵便の発送元へ住所変更の案内や手続きを行いましょう。

 

いよいよ当日!退去立会いは何をするの?

退去に伴う修繕工事を貸主を借主のどちらの負担で行うか明確にするため、大家さんや管理会社、または不動産会社の担当と室内の現況確認をします。
当日に行えない場合は、翌日というケースもありますが、引越しが終わって荷物が無くなったあとで行います。
国土交通省「原状回復とトラブルをめぐるガイドライン」を元にしますが、後々のトラブルや齟齬を避けるためにも、必ず本人が立ち会うようにしましょう。

自分でキズつけてしまった、汚してしまった場合はこの時に申し出て下さい。
また、入居時にあったキズなどはあらかじめ写真におさめておくと、スムーズに話し合いが進みます。
 

退去日当日は、

(1)荷物の運び出し(ガスの閉栓が必要なら同時間帯で手配しておく)
(2)室内清掃(マナーとして)
(3)電気のブレーカーを落とす
(4)現況確認後、鍵の返却

(1)~(4)の流れで行っていくことになります。

 

敷金の精算・返金はいつ行われる?

通常、精算書送付、精算までには約1ヵ月かかります。
 
退去立会い後、敷金の精算書の見積書が送付されてきますので、内容を確認して下さい。
内容に疑問がある場合は、不動産会社の担当に連絡して説明を求めましょう。

内容に異議がなければ、精算が行われ、敷金の残額が振り込まれ完了となります。
(不足分がある場合は、振込が必要になりますので注意して下さい。)
 
敷金なしの物件の場合は、契約書に退去時に支払うべき費用の項目が記載されていますので、よく確認しておきましょう。