暮らしのコラム

2018/7/4

【賃貸】そのエアコン、誰が修理する?

今や生活の必需品であるエアコンですが、
借りているお部屋の場合、故障した時は一体誰が修理するのだろう?
と不安を感じたことがありませんか?

 

 

借主に原状回復義務はある?

基本的に、国土交通省の定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に基づいて判断されますが、

貸主(大家さん)が設置したエアコンの場合
通常使用で壊れたのであれば、修理や交換にかかる費用は貸主負担と考えます。

エアコンの水漏れを放置した場合
エアコンの設置主が貸主、借主のどちらかだとしても
「善管注意義務違反」にあたり借主負担となります。

エアコンを新たに設置した場合
設置の際のビス穴や本体の跡については、通常損耗として借主に負担の義務はないとされています。
※設置する場合は必ず貸主の許可をとりましょう。

 

なお、借主の故意や過失、善管注意義務違反による場合でも、
経年変化や通常損耗による部分は貸主の負担となり
全額を負担する必要があるわけではありません。

 

 

部屋を決める時はエアコンも確認しよう

部屋を借りる時に、エアコンが設置されていない場合は、
退去時にトラブルとなりやすいため、必ず設置の許可が取れるか確認しましょう。

中には構造上エアコンが設置出来ない場合もあります。

また、貸主が設置したものか、前の住人が設置したものかも
あらかじめ確認出来るのであれば確認しておきましょう。

更に、自分で設置したエアコンを置いて退去する場合は、
撤去費用を請求されることがありますので
何事も貸主と相談してから、必ず許可を取るようにしておくといいでしょう。

交換したい場合も同様です。

 

とはいっても自分で設置するのには負担が大きすぎるため
エアコンがついていない場合は交渉材料に使ってもいいかもしれません。

 

 

新生活をはじめよう!お役立ち全記事梅雨到来、マンションでは何を対策するか?今年の夏も暑い?!今からはじめる暑さ対策